お見舞い客の人間観察

病院にお見舞いに訪れた友人の姿を見た方は「みんなー、わざわざ遠い所から来てくれてありがとぉ~(≧▽≦)!」といった喜びをあらわにしていき、自分を心配してくれた友人を愛おしく思うようになるのでしょう。人によっては、意外な人がお見舞いに来てくれたことで、すごく嬉しい!と感じることがあると思うのです。いつもはこちらに対してそっけない態度ばかりを取っていた人が、こちらが入院するや否や誰よりも先にお見舞いに来ることで、相手がいかにしてこちらに対して無事であってほしいという気持ちが強いのかを物語っているように感じてくるのです。言い換えれば、入院をすることで相手の心理が見えてくると言っても過言ではなくて、意外な人からのお見舞いを通じてその人との関わりを今まで以上に持ちたいと思うようになってくるのではないでしょうか。

不幸にも事故に遭って入院することになったものの、彼氏がお見舞いに駆けつけてくれたことで、二人の真実の愛を深めていこうとするのではないかと思うのです。彼氏がお見舞いの品で結婚指輪をプレゼントすることがあるかもしれません。一日も早く健康な体を取り戻そうとしているさなかで、自分の将来のためを想ってのサプライズは、患者である彼女に対して感動の何物でもないというくらいのムードを漂わせていくのだろうと思うのです。その指輪を貰った彼女は、「私のためにこんなに高価な指輪を買ってくれたのね。普段は頼りないのに、いざってときにカッコつけるんだから、そのギャップがホントにたまんなくて泣けてきちゃうよ・・・」ということを未来の旦那さんに言っているのかもしれませんよね。病院が、さながら二人の愛を奏でる教会のように感じてくるのです。

など、考えられたら良いのですが。実際は冷めた感じでお見舞い客の人間観察をついついやってしまいます。
彼女また来たぞ・・と呆れながら業務をこなしています。お見舞いに来る方を見て「よく顔が似てるなー親戚みんなおんなじだー」など、そんな楽しみはありますが、メルヘンチックな妄想タイムは自分にはないな。